レーザー治療

患者にかかる負担を軽くする歯医者での治療として、レーザー治療を行なっているところがあります。レーザー治療というのは、レーザー光線をあてることによって行なう歯科治療のことです。レーザー治療では、麻酔をほどこすことなく無痛治療を行なえたり、少しの麻酔だけで痛みを抑制しての治療が行なえたりと、さまざまな長所があります。

たとえば、レーザーを使用することには、鎮痛作用があって痛みを抑制することが可能な点、歯ぐきの切除や切開をほぼ出血を起こすことなく行なえる点、治療後の腫れを抑制することができる点、歯ぐきの黒ずみの原因を取り除くことで健康的できれいなピンク色にできる点、消炎作用があり、傷の治癒が早い点、歯の表面にレーザーをあてることで再石灰化を促進して歯質を強くし、むし歯の予防効果が期待できる点、殺菌消毒作用があり、感染予防の効果が期待できる点などをあげることができます。

また、レーザー治療で可能な治療は多く、むし歯、歯周病、口内炎、知覚過敏などがあります。前述したように改善だけでなくむし歯や歯周病の予防のためにも、レーザー光線を照射する治療は効果的です。なお、歯科治療というと歯を削る際の音や振動を嫌う人が多いですが、レーザー治療は音や振動が少ない歯科治療でもあります。

 

麻酔

歯医者の痛みというと、麻酔の針を刺したときの強い痛みをあげる人が多いです。歯医者では、この麻酔時の痛みを抑制する方法があるところがあります。表面麻酔や電動麻酔が行なわれているところでは、痛みが少ないです

まず、表面麻酔がどういうものなのかといいますと、これは麻酔を打つときの針の痛みを軽減するために歯ぐきの表面に塗布する、ジェル状の麻酔です。表面麻酔には、ジェル状の麻酔と比較して麻酔力に優れている、貼付する麻酔もあります。

一方の電動麻酔ですが、人の手によって麻酔を注射するときには注入する速度がバラつくため、このことが患者に痛みを感じさせてしまう原因になります。電動麻酔では、コンピュータ制御で麻酔を注入するスピードや量を調節することが可能なため、痛みを大きく軽減することができます。また、麻酔針自体も非常に細いものが使用されることになるため、刺すときの痛みがこれによっても抑制されることになります。

レーザー光線の照射や表面麻酔、電動麻酔のような痛みの少ない治療を行なっている歯医者は、各歯科医院のホームページをチェックしてみる方法のほか、各歯医者に電話で問い合わせをしてみる方法もあります。ちなみに、川崎市にある歯科“武蔵小杉デンタルクリニック”では、表面麻酔を行ってから、針を刺した時の感覚を失くして麻酔を打ち、治療を行います。通いやすさなどほかの要素も加味して、数軒の歯医者を比較して一番いいと感じたところで診療を受けましょう。

Pocket